ケニアの医療事情について

はじめに

ジャンボ!アフリカのケニア在住の駐在妻です。

私はケニアに在住してから1年以上日本に帰っていません。

私はあまり身体が丈夫ではなく、発熱等の様々な理由で何度も当地の病院にかかることとなりました。

アフリカの病院。。。大丈夫なのか?と10人中、10人が思うことでしょう(笑)

結論から申し上げると私は無事です!!笑

 

今回はケニア1、現地病院に通っているであろう私が2023年、2024年に通院した体験及び感想をご紹介したいと思います。

現地で通院する必要が生じ、不安に思うような方の参考になりましたら幸いです。

 

内科(発熱、食中毒、喉の痛み、頭痛)

まず私は着任して一週間たらずで高熱がでました。原因は不明ですが高熱に加えて喉の痛みが引かず、着いて早々に不安ながら以下の内科を受診しました。

📍M.P. Shah Hospital

こちらはショッピングモールの中にあり、ケニアのナイロビ在住であればアクセスしやすい位置にあります。

受診の流れは日本と同様で受付をし、その後診察室の前あたりで待ち、名前を呼ばれたら診察となります。

症状を伝えて、解熱剤とうがい薬を処方されました。不安ながらに受診したものの薬の効果が絶大ですぐに治りました!!感動!!

こちらの病院は比較的安価で診察料は約2000Kshほどです。安いのと立地が良いからか比較的混んでいるイメージです。

 

📍Aga Khan Hospital

こちらは大学病院で、本店と支店がいくつかあります。本店は24時間営業で以下の地図は私の通院している支店です。

上記1回目の発熱以降は近いこともありこちらを受診しました。

こちらは診察料が6650Kshとかなり高額なので通院しているであろう患者も少なく、明らかに富裕層なので静かでとても快適で、日によってドクターはかわりますが何かあったら連絡して!とWhatsAPPを教えてくれるようなドクターもおり、かなりお勧めです。

二度目の高熱の際はまず血液検査を勧められ、マラリアや感染症でないかを確認されました。

アフリカでの血液検査は個人的にはその検査で別の感染症になるのでは。。?と思いましたが特に問題もなく、採血も上手で全く痛くありませんでした。院内で検査結果が出るようなので驚くスピードで15分後くらいに結果の診察があり、日本顔負けのスピードでした。

眼科(ものもらい、アレルギー)

📍Dr Agarwals Eye Hospital

着任して早々にものもらいが発症し、結構大きくなってしまったため、こちらの眼科を受診しました。

偶然にも同じアパートで顔見知りの男性がドクターでした(笑)

こちらの病院はかなり混んでいるので事前予約を推奨します。予約していても待ちます。

そしてこれは当地文化なのか割り込もうとする人がかなり多く、割り込みを病院側が押し返しているやり取りで時間が押しているのかと思っています。(笑)

流れは日本と同じで、受付→検査(視力検査など)→診察となります。ものもらいの治療は日本と全く同じで、針のようなもので押し出して、点眼薬を処方してもらい無事に完治しました。

目を触られるのでかなり不安でしたが覚悟を決めて行って、特に問題もなくちゃんとしていたと安心しました。

その後アレルギー症状でかなり目が腫れて再度受診しましたがそちらも無事完治しています。

歯医者(歯茎の腫れ)

📍Molars Dental Practice (Hurlingham)

アフリカで歯科治療をした日本人は私以外にいるのか。。?と思っています。(笑)

歯茎が突然かなり腫れてしまい、泣く泣く検索し以下の歯医者を受診しました。

結果、完治しましたがこちらはローカルクリニックのようで、受診してるのは見た感じケニア人しかおらずドクターによってかなり対応の違いがありましたので受診の際は注意です。

診察の流れは受付→検査(スキャンの機械で歯のレントゲン撮影)→診察及び治療でした。

私の歯茎はレントゲンから見ると根本からの感染症だったようで削って悪い部分を取る必要があったようなのですが、ケニア人の院長の男性は十分な説明もなくウォッシュ!ウォッシュ!と言いながらいきなり麻酔をして削り始めました。(笑)

びっくりした同席していた旦那が治療ストップをし説明を求めると説明してくれましたが、十分な説明がなかったことに不信感を抱き、別の病院に行こうかと悩みましたが時既に遅し、私の歯は削られ、穴が開いていたので覚悟を決めて治療続行しました。

何度か通院する必要があり、2回目の受診の際は例の院長は不在だったためインド系の女性の先生だったのですが、その先生はかなり丁寧に事前説明をしてくれ、テキパキと治療をしてくれたため、3回目はこの先生を予約しました。

熱いの入るよ~!と半田ごてのようなものを口に突っ込まれた時はかなり焦りましたが。(笑)

不安なので日本に帰った際に歯医者に行こうと思いますが、体感では再発もなく無事に完治したものと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました