映画の本場 インド!で映画をみたらまさかの。。。

クールな施設

こんにちは!ヒロです。
インドは実は映画製作本数が世界1位!そんなインドの映画館に潜入!

今回はPVR ECX Chanakyaというデリーにある映画館を紹介したいと思います。

外観はこんな感じでとてもデカイ施設であることが分かります。

ヒロ
ヒロト

これがインドの映画館。デ、デカイ。。

中に入ってみると、、、
ゴージャスな内装でお出迎え。館内に一流ブランドのお店がずらりと並んでいました。ここの館内で働いているスタッフは英国紳士のような気の使いようで、インドのホスピタリティーを体感できること間違いなし。

インド映画館の雰囲気?

インドの映画館というとカレー臭がしそう、踊っている人がいそうなどのイメージを持つ人も多いかと思います。(筆者がそう思っていました。。。)実際はこんな感じ↓

これは映画館の劇場に入る前の待合スペース。とてもオシャレでこれは日本の映画館よりもゴージャスですね。

インドの映画館の料金は?

では気になる料金行ってみましょう!

・Classic   ・・・350〜400ルピー(525〜600円)
 -他の二つのプランよりも座席は少し狭くなる
・Classic Plus・・・360〜410ルピー(540〜615円)
   -Classicタイプよりも座席にゆとりがある
・Prime           ・・・440〜490ルピー(660〜735円)
 -足を伸ばして寝ながら鑑賞できる
これだけゴージャスな映画館でこのお値段、日本の映画館の約三分の一。。
安すぎる。インド映画だけではなく、洋画も同じ値段で見ることができます。
筆者はライオンキングをこの劇場で観ました。感動ものですね。
 

 

知らないと驚く!インド映画館のトイレ休憩!

映画を見ていて、何の前置きもなく映画が途中で終わります。

ヒロ
ヒロト

え!壊れた!いいところだったのに。

と筆者は焦りを隠せずにソワソワしていると、周りのインドの方々が次々に劇場から出てので、彼らについていくとトイレに続々と入って行きます。

この時初めてインドには映画上映中にトイレ休憩があることを知りました。この記事を見られている読者の皆さんは途中で映画が終わっても焦らないでくださいね。インドにはトイレ休憩は10分ほどあります。

ちなみにトイレはこんな感じ。ストレスを感じずに使える綺麗なトイレですね。

トイレ休憩の際にはハンバーガーやポップコーンなんかを買うと、劇場の中まで持ってきてくれます。お店の前で待つ必要がないなんて素敵ですね。インドの映画館では飲食物は席までデリバリーで持ってきて貰えるので試してみてくださいね。

まとめ

インドの映画館ゴージャスで快適な環境で鑑賞を楽しめるのに安い!
トイレ休憩のお陰で映画の後半戦も集中して見ることができるので、是非楽しんで観てくださいね!

 

この記事を書いた人
Hiroto

D-COOL編集長。途上国に対する日本人のイメージをクールなものに変える為に情報発信を奮闘中。タイの大学に長期留学をする中で苦手なパクチーと毎日戦う。現在インドでODAの一貫で国際協力に従事。

Hirotoをフォローする

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました