エチオピアの主食、インジェラとは?!!

D-ライフスタイル

 

サラムノ!Kasumi です。

エチオピアについてご紹介する上で、絶対に外せないものがあります。

 

 

 

それは

エチオピア伝統料理

インジェラです!!

最近日本でもテレビで特集されたこともあったみたいですね!(友人からの『インジェラ特集やってたよ!』情報)

今回は、奥の深〜いインジェラを徹底解説します!!

 

 

インジェラとは

テフというイネ科の植物を粉状にし、水で溶き、3日間ほどかけて発酵させたものを焼いたクレープのことです。

 

そしてインジェラに使われる、このテフは栄養価がとても高く、最近では欧米でもスーパーフードとして注目されているんです!!

 

しかし!!
インターネットで『インジェラ』と検索するとどうでしょう。
どうぞ。試しに検索してみてください。

見ましたか?笑
きっと良くない情報、入ってきたのではないでしょうか?笑

 

実は、このインジェラ、

評判があまり良くありません。

筆者もエチオピアに来る前、色んなネガティブな情報を知り、テンションだだ下がりでした笑笑

 

インジェラは、発酵食品ということもあり、酸味・独特の匂いがあります。そして、食べ慣れていない人のお腹には合わないこともあります。
そういう理由もあり、悲しいことに良くない印象を受けて帰る人も多いのです。

実はわたし自身も、食べてお腹を壊した経験があります。笑

しかし、

インジェラはエチオピアの人々にとって、身体の一部のようなものです!

日本に置き換えて想像してみてください。
同じ日本人でも、好きなお店や味付けが好みで分かれるように、

インジェラも色々な場所で食べてみると、自分の好きなインジェラの味が見つかることも!あるんです!

食べ続けるとハマる人も!

 

現地にきたら、色々なインジェラを試してみるのも、楽しみの一つになるはずです!

 

 

具材について

インジェラには、様々な具を組み合わせて食べます。

ワット(シチュー)

・ドロワット(鶏肉を煮込んだシチュー)

・カイワット(牛肉を煮込んだシチュー)

・シロ(豆を煮込んだシチュー)

ティブス(焼肉)…山羊肉や牛肉

クトフォー(写真左: 生肉のミンチにバターとスパイスをまぜたもの)

 

 

バヤイナット(色とりどりの野菜が並んでいる)…エチオピアの宗教上、断食期間中のファスティングフード!

→ひよこ豆、ビーツ、じゃがいも、キャベツ、人参、トマト、スピナッチなど

家庭では、ひと種類の具のみということもあります。

パスタ(大体辛め、バルバレ=レッドペッパーなど入ったミックススパイスがたっぷり。王道のパスタも、エチオピアのインジェラの前では脇役です。)

などなど、実は種類が豊富なんです。

 

カリヤ=グリーンペッパーに注意。まるごとのっている時は見て分かりますが、切った見た目は、ピーマンのようです。辛いのが苦手な方はお気をつけて。

 

 

マナーについて

インジェラは右手で食べます。
インジェラで、具を摘んで包んで食べる。
そして手で食べる文化なので、食べる前にしっかり手を洗う習慣があります。

石鹸で落とすというより、少量の水で擦って落とすという習慣が強いです。子どもでも、洗い方は一丁前です。

グルシャ

これは、簡単に言うと、食べ物を食べさせ合うことです。
エチオピアでは、友好の印として根付いています。

日本では、子供や恋人へ…などシュチュエーションは限られますが、
エチオピアのグルシャは、男女問いません。

一緒に食べていた初対面の人に、あーんとされて、びっくりするかもしれませんが、仲良しになった!と喜んで受け入れてあげてください。笑 (一応断ることは失礼になります笑)
そしてグルシャし返すとめっちゃ喜びます。さらに仲良くなれること間違いなし!

エチオピア人には分け合う文化があります。一緒に食べよう!(イニブラ!)と誘われることもあるかも!

 

では最後に・・・

食事で役立つ!アムハラ語講座
すみませーん!=イクルタ!
これ=イヘ
〜ください=〜イファリガッロ
〜ありますか?=〜アッレ?
ありがとう=アムセグナル
お会計=ヒサブ
おつり=マルス
そしてこれ
食べろ!=ブラ!/ビー!/ブル!(①男性/②女性/③複数に対しての命令形)→ちょっとでも手を止めると一緒に食べている人にいわれることが多い。これもエチオピアならではかも!

きっと

「だから今食べてるってば!!」状態になることでしょう。笑

 

どうしても、インジェラが苦手な人は、具を頼んでダポ(パン)と食べることも可能です!!無理しないでくださいね。笑  →→→『バ ダポ(パンと一緒に)』

 

 

まとめ

エチオピアの人達は本当にインジェラが大好きです。

家族と一緒に、

給食で、

職場へ持ってきたお弁当で。

雨の日も風の日も、特別な日も

そしてなんでもない日でも、

いつでも毎日インジェラ。

 

エチオピア人もインジェラに具をのせれば、いくらでも食べられるのは、

日本人が白ご飯におかずをのせれば、毎日でも食べれることと一緒なのかもしれません

 

そしてインジェラは、お店、家庭によって味や種類、それぞれ違った個性があります。

色々なインジェラを試し、お気に入りインジェラを見つけるのも、

エチオピアでの醍醐味かも!

食べてみたくなった方は、ぜひエチオピアへ!

この記事を書いた人

エチオピア、アジスアベバ 在住。
幼児教育に携わる。
極度の方向音痴。
日課は友達との国境を超えた長電話。

コメント

タイトルとURLをコピーしました