MADE IN ETHIOPIAの宝庫!〜Designers &Artisans Bazaarに行ってきました!〜

D-トラベル

サラムノ!Kasumiです。

最近気をつけないと、日本人でも英語が話せる人にも

アムハラ語で

「ウッシ」(Okay)

「アオ」(Yes)

と言ってしまいます。笑 

 

先日、アジスアベバの郊外にあるGolf clubで行われた、

Designers & Artisans Bazaar

に行ってきました!

 

このバザーには、

エチオピアのデザイナー&職人

自慢のMADE IN ETHIOPIA 商品が並びます!

 

 

早速、バザーの内部を見ていきましょう!

↑ なんともやる気なさげな入口を通ります!笑

入場料50ブル(約200円)を支払い、手にスタンプを押してもらいます。

 

 

まさかこんな規模だとは!!

先ほどの入口からは想像できません。笑

 

入場者はヨーロッパやアジアから来た観光客、滞在者が多いようです。

各コーナーでほぼ英語対応可能です!

 

 


 

実際に並んでいる品々を紹介します!

 

 

革製品のバッグ、靴、財布、名刺入れ、ブックカバー、等々

お気に入りの一点を見つける楽しみ!ハンパない!

筆者は革製ノートカバーをゲット!

ハベシャリブス(エチオピアの伝統衣装)の布付き!中身のノートは替えれるので、一生ものです。嬉しすぎます。

700ブル(約2800円)

 

木製のおもちゃ

アフリカの地図のパズルは記念にピッタリ!おもちゃもプレゼントに最適!

耳にハンディがある職人さん達から、手話を教えてもらいました!

 

ポーチやバッグ

この顔、エチオピアで良くみます。

 

シュールで可愛いですね。

おばちゃんとフィダル文字クイズしました。

 

 

青空の下、芝生の上で!カラフルなマットが映えてますねぇ〜

 

ストール、タオル、ハンドタオル

どの色も欲しくなっちゃいますね!!

 

カラフルなチョーカーやピアス、ブックカバー

柄好きにはたまりません!

その他アクセサリーどっさり

リサイクル紙のアクセサリー

何でできてるのかな?と誰もがつい手に取ってしまいます!工夫されていますね〜

手作りジャム

バナナ、ストロベリー、オレンジ味などすべて手作り、味見も出来ます!

これは…?

まさかのあんこ味!

普段家庭で作り、売りながら、さまざまな味に挑戦しておられるみたいです。

素敵なファミリービジネスですね!

 

絵画

芸術の秋ですね!!

日本って今もう冬でしたね!

 

 

バスケット

どう使うかは、あなた次第!

子どもだったら入りたくなるであろう大きさです!

 

 

アフリカ布仕様の椅子

こんなステキな椅子があれば、クオリティオブライフ、アップしそうですよね!

 

 

テフチップス

エチオピアでお馴染み、主食インジェラに使われるテフで出来たチップスです!

最近流行りかけてます!笑

写真撮り忘れたのでネットから引用)

気になるエチオピアの主食インジェラについては、語りきれないので別の記事で

 

 

そして…こんなものまで!

ミニオン!バナナー!

 

その他フェアトレード商品、多数!

 

食事も出来ます!

休憩がてらホットドッグ、ケバブ、アイスクリーム等、味わいつつ、

やっぱ、あれ買っとこ!

ってなること間違いなし!商品をゲットしにコーナーへ戻る人が沢山いましたよ〜〜

 

プレイコーナーも充実!

家族連れも一日中滞在できます!

 


 

このバザーに参加しているデザイナーや職人は店舗を設けていないことも多く、

自分の商品を販売すると同時に、

宣伝も兼ねているようです。

ブランドのデザインや商品が気に入ったら、名刺を貰い、デザイナーと連絡を取り、オリジナル商品をオーダーすることもできるそうです。

エチオピアで活躍するデザイナー、職人達の真心こもった商品にまとめて出会えるチャンスです!

 

個性的なエチオピア産革製品をゲットしたい方

オリジナルオーダーをしたい方

旅行や観光でお越しの方

エチオピアのハンドメイド製品を仕入れて買いつけに来たい方

そして可愛い物、雑貨好きなあなた!

 

皆さんにおすすめのイベントです!

嬉しいことに、このバザーは年に2行われるそうです。

気になった方は次回、5月頃のバザーにぜひ、足を運んでみてくださいね

 

この記事を書いた人

エチオピア、アジスアベバ 在住。
幼児教育に携わる。
極度の方向音痴。
日課は友達との国境を超えた長電話。

コメント

タイトルとURLをコピーしました